2017年02月27日

アルミスライドは規制対象?!



お客様から以下のようなご質問をいただきました。

>ハンドガン(エアーソフトガン)での、アルミ製スライドは、現状では規制対象になってしまうんでしょうか??少し気になっている所存ですーっ。

で、Moleよりの返信を以下に訂正加筆し転載します。

早速ですが、弊社の解釈ではアルミスライド・プラフレームのガスガンは法律上問題ありません。
ノーマルであってもガスガンには必ず金属パーツが使われてあります。何処までが合法であるかは書いてありません。唯一「グリップを除き金属製」はダメであるとしか書かれてありません。ねじ・スライドストップ・サイト・スライドなど等々細かな指定は無くスライドはダメでハンマーはOKなどとは何処にも書いてありません。

憶測や個々人の法解釈はそれぞれなので無視して事実関係のみを見ますと
〇これまで何万丁ものアルミスライド・プラフレームのガスガンが販売されていますが検挙された例はありません。(もちろん裁判例もありません)むろん警察も知ってのことです。
〇スライド・フレームとも金属でありバレルがプラの場合も同様です。
◎スライド・フレーム・バレルが金属の場合は検挙例がいくらでもあり違法として扱われています。しかし、裁判例はなく検挙者が罪を認める形で罰金を支払っています。

転載終わり

スライド・フレーム・バレル等が全て金属製のエアガンを所持して検挙されていない人もたくさんあるようで法の適用に不平等があるため様々な憶測を生み混乱を招いていると思います。海外製には全金属のものも輸入されているようでどうやら平気で売り買いされているようですが検挙される可能性は非常に高くバラバラに分解して所持されることを強くお勧めします。
中には「金属スライドは警察の御目こぼし」などと言う時代錯誤のアンポンタンもありますが、この国は民主主義であり幕府は無くお上は我々国民市民です。どのような法律も我々が選んだ代議士の国会採決無しに出来上がることはありません。
「ASGK等のマークがあれば大丈夫」と言われる方もありますが、ASGKとは協同組合であり営利事業もできる民間の団体。
組合の自主規制規約により金属スライドを禁止しているためこうした製品は組合外の輸入物かサードパーティーが製造販売しているのです。

現実を見る限り警察の判断は誰の目にも明らかですが、メタルパーツに対して意固地に反対し圧力を掛けているのは警察ではなく組合の各社です。しかし各社の代表者も高齢化し世代交代期、やがてこうした愚かな自主規制も改善されると思いっています。







同じカテゴリー(カスタムガン(メタル系))の記事画像
メタルスライド組込調整
反論のコメント頂きました
USPコンパクトP10
1911 MICRO COMPACT
Colt1911
1911Aged Finish
同じカテゴリー(カスタムガン(メタル系))の記事
 メタルスライド組込調整 (2017-07-11 13:27)
 反論のコメント頂きました (2017-03-09 01:41)
 USPコンパクトP10 (2015-09-05 23:13)
 1911 MICRO COMPACT (2015-08-23 21:02)
 Colt1911 (2015-06-12 23:36)
 1911Aged Finish (2015-03-31 21:54)

この記事へのコメント
今時実銃も塗装仕上げが主流ですし、見た目で実銃とトイガンを見分ける必要性も可能性も無いのですから、ハンドガンの外観規制という時代遅れの法規制自体撤廃されるべきだと思うんですけどね・・・
Posted by じゃさん at 2017年02月27日 23:50
じゃさん、コメントありがとうございます。
法改正に最も発言力を持つのは各協同組合だと思うのですが、協同組合各社の代表者に全くその気がありません。しかし大方のメーカーは代表者が高齢で引退間近な状態です。過去の様々ないきさつに直接かかわりのない代表者に世代交代すれば状況も変わってくると期待しています。

悪の権化みたいに言われ続けたマリファナは世界中で解禁の流れ、たかがおもちゃの鉄砲に目くじら立てるなんて笑い話のようなことだと思っています。
Posted by MoleMole at 2017年02月28日 21:34
今まで疑問に思ってた事がこの記事のお陰で
全てスッキリしました。
私は毎年春と冬の2回SSJ(ショットショージャパン)に
参加し、様々な企業や販売店の方からメタルパーツ
(スライド・フレームを含め)について色々聞いているの
ですが、マルイ等が加盟するASGKとタニオコバ・マルシン等が加盟するSTGAでは全く正反対の見解でしたねw

設立数年のSRUという会社(台湾)もメタルスライドに
プラフレームはお薦めしないとミリブロのコメント返信で言われ、じゃあ逆は良いのか?と疑問に思ってました。

以前、エアガン規制についての記事も拝見させて
頂きました。何度読んでも勉強になり助かってます。
スライド・フレーム全てが金属製でも撃って出るのは
たった6mmのプラスチックの弾なのに何故いつまでも
時代錯誤な考えがあるのか不思議でなりませんね。
CO2も同様に法律で認められているのに過去の悪い
イメージが払拭されず、あれもダメこれもダメでは
いつまでも台湾には追い付けんわなぁwといつも
思ってます。
Posted by 弁慶 at 2017年03月03日 00:11
弁慶様

コメントありがとうございます。

元々一つだった業界組合(ASGK)が今はいくつも存在し混乱していますね。
台湾メーカーの経営者は若く活力があります。日本のメーカーも世代交代が進めばきっと変わっていくと思っています。私も含め爺さんたちが引退するのにあと5年もあれば十分でしょうw
Posted by MoleMole at 2017年03月03日 10:15
Mole様お久しぶりです。
>法律上問題ありません
これは帰納法の手法、ですが、[検挙例がない]=[法律上問題がない]
は論理が飛躍しており、間違いです。
[検挙例がない]ことは[検挙される確率は非常に低い(ない)]という
確率的推論であり、
更に、[検挙なし]=[法律上問題なし]というところを論証しなければ、
この論は成り立ちません。

そして、[検挙なし]=[法律上問題なし]は明らかに誤りです。

”法律上問題なし”という判断は、裁判で裁判官が下すもので、
ハーフメタルのアルミスライドについては、未だ確定判決がないはずです
(そしてこれが”グレー”と言われる所以、です)。

検挙するかしないか、は取締当局(行政)の判断であり、合法か
非合法か、は裁判所(司法)の判断事項、全くの別物です。

これらの“事実関係”を“個々人の法解釈はそれぞれ”で無視するなら、
司法判断に依らないあなたの判断もまた無視されるものです。

そしてご存じのように、取締当局は金属部品を組み込むことによって
“違法状態”を作り出すことがある、と表明しており、“主要部品の
全てを金属とすることによって“とはなっていないことから、フルメタルは
ダメでもハーフはOKとはいえません。

私は、検挙に関わりのないあなたの“主張(もはや法解釈、ではないことは
上で説明済みですよね)”などより、検挙する権利を持つ取締当局の表明のほうが
“現実的に検討すべき見解”だと思いますがいかがですか。

あなたが事実関係と称する摘発された例が無い件について、ですが、
“ゼロの証明”は悪魔の証明であり非常に困難(現在までの事例すべてを
調べなければならない)であり、警察も知ってのこと、に至っては上の
“公式表明”に反するので“裏どり”はこれまた非常に困難でしょう。

ちなみに
http://www.sankei.com/affairs/photos/151125/afr1511250037-p1.html
で画像にハイキャパらしきモノが写っており、これはポリマーフレーム+
メタルシャーシが標準なので、アルミスライドを付けたために検挙されている、
と思われます。

アルミスライドは銃刀法の模造けん銃の条項に”金属で作られ”
という文がある限り、“法律上”の問題は消えません。

もうお忘れなのかも知れませんが、以前議論したように、現在アルミスライドが
多く輸入販売され、それを慣習だと主張したところで、“成文法”の規定を
ひっくり返すことは出来ません。
未検挙の“実績”もまた然り、です。

そして、耄碌されたのではなければ、以前の反論無くこのような話をされるのは、“悪意(あくまで法律用語です)”ですよね。

できたら今度はお逃げならさずお返事をいただきたいものです。
では。
赤い猫RRⅢ改め紅い猫RRⅢ
Posted by 紅い猫RRⅢ紅い猫RRⅢ at 2017年03月08日 17:58
紅い猫RRⅢ様

コメントありがとうございます。
本文にてレスします。
Posted by MoleMole at 2017年03月09日 00:31
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。