2017年03月14日

M9米軍から引退しSIG・P320へ


米軍標準仕様のベレッタM9が35年の歴史に幕を下ろし、SIG P320にその座を譲るようだ。
https://jp.sputniknews.com/us/201703143428637/
女性兵士が増えたことにより大きなグリップが嫌われ様々な体格の兵士に対応しようとする。
また戦闘内容により銃を替えるのではなくアタッチメントで対応しようとしているようだ。
https://www.sigsauer.com/products/firearms/pistols/p320/  

Posted by Mole at 10:39Comments(0)その他

2017年03月09日

反論のコメント頂きました

Mole様お久しぶりです。 >法律上問題ありません これは帰納法の手法、ですが、[検挙例がない]=[法律上問題がない] は論理が飛躍しており、間違いです。 [検挙例がない]ことは[検挙される確率は非常に低い(ない)]という 確率的推論であり、 更に、[検挙なし]=[法律上問題なし]というところを論証しなければ、 この論は成り立ちません。 そして、[検挙なし]=[法律上問題なし]は明らかに誤りです。

正確には「誤りだと思います」とおっしゃるべきでしょうね。
例えあなたが判事であったとしても裁判所で裁判中にしか法的な判断を下すことは出来ませんで貴方も私も同じ、揚げ足取りもね


”法律上問題なし”という判断は、裁判で裁判官が下すもので、 ハーフメタルのアルミスライドについては、未だ確定判決がないはずです (そしてこれが”グレー”と言われる所以、です)。


我が日本国の如何なる法律にも「グレー」などと言うような状態は存在しないとキッパリ断言します!
黒又は白でしかなく、黒とされないものは物は全て白です。
我が日本国は曲がりなりにも自由主義国であり、他人に迷惑を掛けなければ何をしようが自由なのです。
以下については上記で十分に説明が出来ていると存じます。


検挙するかしないか、は取締当局(行政)の判断であり、合法か 非合法か、は裁判所(司法)の判断事項、全くの別物です。 これらの“事実関係”を“個々人の法解釈はそれぞれ”で無視するなら、 司法判断に依らないあなたの判断もまた無視されるものです。 そしてご存じのように、取締当局は金属部品を組み込むことによって “違法状態”を作り出すことがある、と表明しており、“主要部品の 全てを金属とすることによって“とはなっていないことから、フルメタルは ダメでもハーフはOKとはいえません。 私は、検挙に関わりのないあなたの“主張(もはや法解釈、ではないことは 上で説明済みですよね)”などより、検挙する権利を持つ取締当局の表明のほうが “現実的に検討すべき見解”だと思いますがいかがですか。 あなたが事実関係と称する摘発された例が無い件について、ですが、 “ゼロの証明”は悪魔の証明であり非常に困難(現在までの事例すべてを 調べなければならない)であり、警察も知ってのこと、に至っては上の “公式表明”に反するので“裏どり”はこれまた非常に困難でしょう。 ちなみにhttp://www.sankei.com/affairs/photos/151125/afr1511250037-p1.htmlで画像にハイキャパらしきモノが写っており、これはポリマーフレーム+ メタルシャーシが標準なので、アルミスライドを付けたために検挙されている、 と思われます。
なあんだ推測?憶測? アルミスライドは銃刀法の模造けん銃の条項に”金属で作られ” という文がある限り、“法律上”の問題は消えません。 もうお忘れなのかも知れませんが、以前議論したように、現在アルミスライドが 多く輸入販売され、それを慣習だと主張したところで、“成文法”の規定を ひっくり返すことは出来ません。 未検挙の“実績”もまた然り、です。 そして、耄碌されたのではなければ、以前の反論無くこのような話をされるのは、“悪意(あくまで法律用語です)”ですよね。 できたら今度はお逃げならさずお返事をいただきたいものです。 では。 赤い猫RRⅢ改め紅い猫RRⅢ

先ず個人に宛てに会社代表としての個人的見解と事実とを分けて書いた文章です。(そのように書いてあります)
法解釈は弁護士判事と言えどもそれぞれ、同じ裁判でも判事によって結果は違い、法律ど素人のおもちゃの鉄砲屋やそのマニアやヲタクなどの推測憶測ではどのような判断の指標にならないからです。
なので事実関係のみを半世紀以上に遡って見ればおおよその判断ができるはずです。歴史に学べとは正にこの事でしょう。如何なる法律も人間がこしらえたもので完全なものではありませんで、銃刀法にも様々な矛盾があります。(文が長くなりすぎますので内容は省略)例え裁判所の決定があったとしてもそれは判事がそう言ったに過ぎず不満であれば異議は申し立てできるのです。
我が日本国の「主」は我々国民・市民であり、如何なる法律も我々の為に存在するのであり、我々が命を掛けてでも守らなければならないのは我々の自由と尊厳(=国家)なのです。

今日はすぐにレスできましたが、Mole爺さんはお迎えが近いので結構忙しく本来この時間帯はお客様からのご質問にお答えしたりHPの更新に使う時間帯で揚げ足取りに付き合う時間ではありませんで毎回このようには行かないことはご理解ください。

てなことはさておいて

好評発売中ではありますが納品には少々お時間頂いており申し訳ない事です。



  

2017年03月06日

国歌とは・・・



フランス国歌「ラ・マルセイエーズ」の和訳付きです。
分かりやすい歌ですね。  

Posted by Mole at 00:19Comments(0)

2017年02月27日

アルミスライドは規制対象?!



お客様から以下のようなご質問をいただきました。

>ハンドガン(エアーソフトガン)での、アルミ製スライドは、現状では規制対象になってしまうんでしょうか??少し気になっている所存ですーっ。

で、Moleよりの返信を以下に訂正加筆し転載します。

早速ですが、弊社の解釈ではアルミスライド・プラフレームのガスガンは法律上問題ありません。
ノーマルであってもガスガンには必ず金属パーツが使われてあります。何処までが合法であるかは書いてありません。唯一「グリップを除き金属製」はダメであるとしか書かれてありません。ねじ・スライドストップ・サイト・スライドなど等々細かな指定は無くスライドはダメでハンマーはOKなどとは何処にも書いてありません。

憶測や個々人の法解釈はそれぞれなので無視して事実関係のみを見ますと
〇これまで何万丁ものアルミスライド・プラフレームのガスガンが販売されていますが検挙された例はありません。(もちろん裁判例もありません)むろん警察も知ってのことです。
〇スライド・フレームとも金属でありバレルがプラの場合も同様です。
◎スライド・フレーム・バレルが金属の場合は検挙例がいくらでもあり違法として扱われています。しかし、裁判例はなく検挙者が罪を認める形で罰金を支払っています。

転載終わり

スライド・フレーム・バレル等が全て金属製のエアガンを所持して検挙されていない人もたくさんあるようで法の適用に不平等があるため様々な憶測を生み混乱を招いていると思います。海外製には全金属のものも輸入されているようでどうやら平気で売り買いされているようですが検挙される可能性は非常に高くバラバラに分解して所持されることを強くお勧めします。
中には「金属スライドは警察の御目こぼし」などと言う時代錯誤のアンポンタンもありますが、この国は民主主義であり幕府は無くお上は我々国民市民です。どのような法律も我々が選んだ代議士の国会採決無しに出来上がることはありません。
「ASGK等のマークがあれば大丈夫」と言われる方もありますが、ASGKとは協同組合であり営利事業もできる民間の団体。
組合の自主規制規約により金属スライドを禁止しているためこうした製品は組合外の輸入物かサードパーティーが製造販売しているのです。

現実を見る限り警察の判断は誰の目にも明らかですが、メタルパーツに対して意固地に反対し圧力を掛けているのは警察ではなく組合の各社です。しかし各社の代表者も高齢化し世代交代期、やがてこうした愚かな自主規制も改善されると思いっています。


  

2017年02月09日

BULL-01/LAB 新発売


随分とお待たせしましたが、ようやく販売です。

詳細は画像をクリックしてオフィシャルサイトでどうぞ!
  

2017年01月20日

ガスガン用新型ガス?

未確認ですが、ガスガン用新型ガスとして今後販売されるのはHFO-1234yfではないでしょうか?



HFO-1234yf 沸点-29 ℃臨界温度95 ℃蒸気圧力(25 ℃) 0.677 MPa蒸気圧力(80 ℃) 2.44 MPa
HFC-134a  沸点-26 ℃臨界温度102℃蒸気圧力(25 ℃)0.665 MPa蒸気圧力(80 ℃) 2.63 MPa 
 


以上のデータからするとほとんど134aと変わらず若干低温に強く25℃ではいくらか圧力が高い。またわずかに可燃性があるようです。
地球温暖化の係数が134aの1410に対し1234yfは4であり大気中への放出も法律上問題ないようです。
販売価格が相当に高いようなのが気になります。

元よりアルキメデスの原理を無視して北極の氷が融けて海面が上昇するとか年がら年中-20℃以下の南極の氷が融けるとか意味不明な地球温暖化説ですが、世界中がこれに振り回されています。小学校の理科からやり直す必要があります。地球温暖化人為的二酸化炭素温暖化は科学ではなく新興宗教若しくはビジネストークの一種なのでしょう。

画像転載元  http://response.jp/article/img/2017/01/20/288826/1141952.html
データ転載元 http://www.jsrae.or.jp/annai/yougo/187.html    
  
        
       
  
  

  

Posted by Mole at 22:09Comments(0)

2017年01月18日

銃刀法違反で多数の拳銃所持者の逮捕例が同日に2件


Posted by Mole at 23:08Comments(0)

2016年12月07日

UMAREX/HK-VP9にRSP/AX



何に限らず台湾・香港・中華・韓国製品のクオリティーがアップしてきました。
UMAREX/HK-VP9実によくできています。
国内ブランドメーカーが尻込みするなか、堂々の金属製スライド・アウターバレル
委縮する国内ブランドメーカーと違い、製品そのものに勢いみたいなものを感じます。
バブル経済の頃の日本製品にもこうした勢いがありました。

どうやらマリファナが解禁になりそうです。
人は煙草数百年、マリファナ(大麻)有史以前よりともに暮らしてきましたが
誰一人として死んだ者はありませんで無害無実です。(過ぎれば何でも害毒)
大麻は所持禁止ですが使用は禁止されていませんで、尿から大麻の反応があっても合法です。
麻薬は所持も使用も禁止されています。
今日現在、大麻取締法は生きてますので所持すると罰せられます。(まだですよ!)

煙草(マリファナ)の喫煙はストレス多い現代人にとって救いです。
おもちゃの鉄砲もまた趣味として心を遊ばせてくれるものです。
「他人に迷惑かけることが無ければ人は何をしようが自由」これが人間社会の原理原則。
他人に迷惑をかける恐れがある場合にも法で規制することがありますが、余程に慎重でなければなりません。
むやみに無意味な規制をすれば閉塞社会となり経済も委縮し活気を失います。

HK-VP9はRSP/AXでスライド閉鎖速度がさらに速くなり快調そのものです。
ノーマルのスプリングはヘタリ易いステンレス製なので是非お試しください。

SSRU/VP9も製作予定ですが作動重視かリアル形状かなどと悩んでいます。  

Posted by Mole at 23:59Comments(0)カスタムパーツ

2016年09月16日

BULL-01/LAB


画像クリックで拡大(外部リンク)

一年ぶりの更新です^^;
間もなく発売のBULL-01/LABのお知らせ!
安価な自動車用エアコン用ガスのサービス缶をガスガンに使用する新しいガスガンエネルギーソースの提案です。

BULL-01/LABはブルゼロワン/ラボと読みLiquidcharge(リキッドチャージ)Air(エア) Booster(ブースター)の頭文字を取ってLAB(ラボ)と名付けました。一般的なリキッドチャージはもちろん、外部ソースのガスブースターや空気も使用でき寒い冬もガンガンシューティングを楽しんでいただけます。

ヘッドからノズルを取り外しアタッチメントを取り付ければ外部ソースの器具として使用が可能です。ノズルはロングサイズで折れや錆びの心配が少ないステンレス。ヘッドは缶が転倒しにくいよう軽量なアルミ、分解組み立て時ねじの焼き付き防止のためコアは真鍮製。缶に穴を開けるオープナーは切れ味の良いハイカーボンスチール製工具無し素手で軽々と開栓できます。

価格など詳細が決定しましたら、コチラで発表致します。

PROTEC高橋
  

Posted by Mole at 22:38Comments(0)カスタムパーツ

2015年09月05日

MAKARUVA エイジドフィニッシュ



香川県綾歌にお住まいのK様よりのご依頼はKSC社マカロフのエイジドフィニッシュです。
詳細は画像クリック!